Multi Expressでつくる

箱詰照合チェック(ポカよけ)

出荷時の箱詰めの際に、指示書どおりの商品を本当して詰めているかチェックする。
やりたいこと
・指示に記載されている商品を間違えずに梱包したい。
・指示書と違う商品を梱包しようとした場合はエラーにしたい。
・指示書のバーコードと商品に貼られているバーコードをスキャンし照合。
・指示書に印字されているバーコードに対して箱詰めする現物商品は複数ある。
・入庫時にロット番号(製造日)を入力もしくはCode39でスキャン。

ハンディー側の完成イメージ

ハンディー側の完成イメージ

  • メニュー︎
  • 第1画面照合元のバーコードをスキャン
  • 第2画面照合先のバーコードをスキャン
  • 第2画面(不一致)照合元と照合先のバーコードが同一でなかった場合
  • 実績送信画面照合元と照合先のバーコードが同一の場合

PC側の設定方法

PC側の設定方法

  • 「システムID」に 2 を入力し決定ボタンを押します。
  • 「「システム名」に"出荷システム"と入力します。
  • タブ「機能-1」の「表示する」をチェックします。「機能名」に"箱詰め照合"と入力します。
  • 「照合機能」は"2:1 to N"を選択します。
  • 「項目1」に"照合元コード"と入力します。
  • 「項目4」に"照合先コード"と入力します。
    「バーコード種類」は「項目1」と同じ"JAN-13"を選択します。
  • 「数量(実績)」に"実績"と入力します。
  • 「第1画面項目1」の「表示する」にチェックを入れます。
  • 設定は終了です。「登録」ボタンを押して下さい。