DX時代のRFID在庫管理システム

DX時代のRFID在庫管理システム

倉庫などの在庫管理システムもDX(デジタルトランスフォーメーション)時代に合わせて本社とのクラウド連携によるシステム構築が主流となってきています。

クラウドによる本社連携システムのメリット

  • 各倉庫(現場)にサーバーやシステムルーム、スタッフを配置しなくてよい。
  • 倉庫(現場)にはハンディとプリンタなど最小限の機器で高度な在庫管理が可能。
  • 本社では在庫管理システムと財務などの期間システムとの連携がスムーズに・

クラウド在庫管理システムの一例

入庫品の同梱機能

倉庫の保管場所の有効活用のため、異なる商品を同じパレット内に混在させることができます。

入庫品の分割機能

入荷時の荷姿のまま保管する必要がなく、自由な保管が可能となります。

入庫品の荷札発行機能

現場のラベルプリンタで「荷札」を発行。受注番号・発注番号・品番・内容量・得意先の情報が管理できます。

オーバーパック機能

出荷時に製品を再梱包(オーバーパック)する際、ハンディでRFIDタグを読み取り、再梱包の実績を記録、管理できます。