RFIDによるPCの入出荷およびキッティング作業の改善事例

  • RFID
RFIDによるPCの入出荷およびキッティング作業の改善事例

導入の目的

  • 一括読取特性を活用した「入荷検品」「出荷検品」工数の大幅削減
  • RFIDを利用した作業ラインの確立と実現

導入前の問題点

  • 本来の入出荷数と実数量の突合せが出来ていない。目視確認のためカウント間違いなど人的ミスの発生
  • キッティング作業におけるエビデンスの信頼性や作業トレースの煩雑さ
  • エビデンスのフォーマットが多数あることで、重複した情報の入力とエビデンス毎の紐付けが困難
  • 商品に対してキッティング作業の進捗が見えない

導入の効果

  • RFIDタグによる非接触作業による運用簡素化
  • 各種作業エビデンスのフォーマットを統一することで、無駄な情報の入力や作業の削減と、フォーマット間の情報紐付を実現
  • 作業進捗の見える化を行うことで各商品の状態を把握が可能となり、本部の管理機能が強化