RFIDによるコンビニ棚賞味期限管理システム

導入の目的

経産省からのフードロス対策として、コンビニにてRFIDタグによる実在庫を把握し、リアルタイムにデータ化することで、デジタルサイネージに表示し販売期限間近でポイント増量の告示を表示し、購買意欲を高める。

導入効果

販売期限間近の商品を率先して売却することで、フードロスを減らせる。

    作業範囲
  • RD〜ITを担当