RFIDを利用した製造業の工程管理システム

  • rfid
  • 在庫管理
RFIDを利用した製造業の工程管理システム

導入の目的

  • 棚卸業務:棚卸において、製品を探す作業をなくしたい
  • 組立工程:仕掛品の使用前後において、在庫確認をなくしたい
  • 組立工程:工程間において、製品を探す作業をなくしたい
  • 検査工程:性能検査作業票の手書き作業・エクセル入力作業をなくしたい

導入後

  • 棚卸業務:ハンディによる読込で棚卸実施し、システムとの差異を在庫場所ごとで確認可能
  • 組立工程:仕掛品組立前後の在庫管理が可能
  • 組立工程:完了時間をシステムより出力
  • 組立・検査工程:ハンディ入力により、製品の数量、場所がわかるようになる

導入後の効果

  • 全体の作業工数削減 250hr → 6hr
  • 棚卸簡素化、在庫管理短縮 15hr/月 → 5hr/月
  • 製品を探す時間短縮・棚卸し簡素化
  • 転記ミス削減・作業工数削減
  • ラベル貼り間違え防止・誤発送防止