RFIDタグによるエリア内のパレット管理システム

  • rfid
  • 在庫管理
RFIDタグによるエリア内のパレット管理システム

導入前の問題点

  • パレットの位置情報と個体数の把握にが困難
  • パレットの使用頻度に偏りが出てしまい、購入経費に無駄が発生する
  • パレットの稼働状況や個体認識には定期的な棚卸が必要

導入の目的

  • 生産、在庫状況管理を1ロット管理から1パレット管理へ
  • 在庫状況をリアルタイムに把握する事で在庫の過不足等の異常検知
  • リフトの動きからムダを見つけて改善につなげる

導入後の効果

  • パレット購入コストの削減
  • リアルタイムでの在庫数量の把握
  • パレットの使用頻度の偏りを軽減