QRコードとAndroid端末による製造工程トレース管理システム

  • QRコード
  • バーコード
  • 生産管理
QRコードとAndroid端末による製造工程トレース管理システム

現状の課題

  • 製造工程において2人1組で機種情報、部位等をスタンプ・手書きしている。
  • 不具合品の調査に多くの時間と手間がかかっている。(対象ロット数の特定が困難)
  • 不良内容などが手書きのため、不良率などのデータ収集ができない。

導入の目的

  • 品質改善と業務生産性改善の実現を目指す。
  • QRコードの貼付によって、以降の工程で製造情報の管理が可能となります。
  • プリンタ、ハンディターミナルを使い、不良情報の実績収集を行い、製造情報の可視化を行います。
  • Android端末を使って不良品の状態を画像保存します。

機能

  • ①実績入力
  • ②不良マスタ受信
  • ③システム設定
  • ④ラベル発行
    作業範囲
  • SS/PG〜IT/OTを担当